Stable Diffusion Web UIのダウンロードと使い方|初心者向け簡単ガイド

Stable Diffusion Web UI

Stable Diffusionは、シンプルなテキスト記述から非常にリアルな画像やアートワークを生成できる、驚くべき新しいAIシステムです。しかし、その能力を活用するには、技術的なノウハウが必要です。

そこで、Stable Diffusion Web UIの出番です。この直感的なブラウザーベースのインターフェイスにより、誰でも自分のコンピューターで簡単にStable Diffusionのパワーを引き出すことができます。

この包括的なガイドでは、Stable Diffusion Web UIをダウンロード、インストールし、制作を開始するために必要な情報をすべて網羅しています。AIの芸術性を探求したい初心者の方も、ローカライズされたアクセスが必要なエキスパートの方も、このガイドに沿って詳細をご覧ください。

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。

Stable DiffusionとWeb UIの紹介

インストールのステップに入る前に、Stable DiffusionとWeb UIが何であるかを正確に理解するのに役立ちます。

Stability AIによって作成されたStable Diffusionは、驚くほどリアルな合成画像やアートを生成できるディープラーニングモデルです。

Stable Diffusionを支える重要な技術は拡散モデルと呼ばれる。このタイプのAIは、ランダムなノイズから出発し、テキスト記述に基づいてゆっくりと「拡散」させて首尾一貫した画像にすることで画像を生成する。

他の主要なAI画像生成ツールと比較して、Stable Diffusionは芸術的なセンスを備えた非常に忠実度の高い出力を生成する。写実的な肖像画から素晴らしい幻想的な風景まで、あらゆるものを作り出すことができます。

しかし、Stable Diffusionを活用するには、コマンドラインのスキルとPythonコーディングのノウハウが必要です。

そこで登場するのがウェブUIだ。AUTOMATIC1111 というプログラマーによって作成された Stable Diffusion Web UI は、Stable Diffusion にウェブブラウザから簡単にアクセスできるグラフィカルインターフェースです。

ウェブUIを使えば、コーディングの必要なく、Stable Diffusionの全機能をローカルで利用することができます。画像生成を高速化するために必要なのは、まともなGPUだけです。

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。

なぜStable Diffusion Web UIを使うのか?- 主な利点

現在、DALL-E 2やMidjourneyのような多くの優れた事前学習済み画像生成モデルがあります。では、なぜStable DiffusionとWeb UIを選ぶのでしょうか?

ここでは、Stable Diffusion Web UIがAIの芸術性と画像生成に最適である主な利点をご紹介します:

ユーザーフレンドリーなウェブインターフェース

Web UIは、ウェブブラウザからアクセスできる直感的なグラフィカルインターフェースを提供します。コーディングやプログラミングのスキルは必要ありません!

簡単なテキスト入力とメニューで、誰でも数分で画像を生成できます。テキストプロンプトを入力するだけで、あなたのイマジネーションを膨らませることができます。

ローカルホスティングとプライバシー

ウェブUIを使えば、Stable Diffusionを自分のコンピューターやサーバー上でローカルに実行することができます。クラウドAPIに依存しません。

これにより、データを外部に送信することなく、画像生成のアクティビティをプライベートに保つことができます。また、インターネット接続への依存もなくなります。

GPUアクセラレーションによる生成

ウェブUIはCPUでも動作しますが、コンシューマー向けGPUを活用し、劇的に高速な画像生成ができるように設計されています。

手頃な価格のゲーミングGPUでも、CPUで数分かかる画像を1~2秒で作成できます。Web UIは、Nvidia、AMD、Intelの統合グラフィックスをサポートしています。

フリー&オープンソース

Stable Diffusion自体は、オープンソースソフトウェアです。AUTOMATIC1111によって作成されたウェブUIコードも同様です。

つまり、Stable DiffusionのウェブUIを無料で使用することができます。

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。コミュニティも積極的にプロジェクトの改善に貢献している。

絶え間ない改善と更新

AUTOMATIC1111は、新機能、修正、改善でウェブUIを頻繁に更新します。

開発者の熱心なコミュニティは、アップスケーリングのような機能のためのWeb UI拡張機能も作成しています。絶え間ない進歩にご期待ください。

クロスプラットフォーム互換性

Web UIはWindows、macOS、Linuxシステム上でシームレスに動作します。お好みのOSをお選びください。

代替の画像生成サービスの中には、特定のプラットフォームでしか動作しないものもあります。Web UIは、クロスプラットフォームの柔軟性を提供します。

最小システム要件

Stable DiffusionとWeb UIに秘められたクリエイティブな可能性をご理解いただいたところで、最小システム要件について説明します:

オペレーティングシステム: オペレーティングシステム:Windows 10/11、macOS 10.14+、またはUbuntu 20.04+などのLinux

CPU: Intel Core i5またはAMD Ryzen 5(4コア、最新モデル推奨

GPU: 6GB以上のVRAMを搭載したNvidia GTX 1060またはAMD RX 580、RTXモデルが理想的

RAM: 8GB必須、16GB以上を推奨

ストレージ: 10GBの空き容量

最も重要な要件はGPUです。画像生成は非常に計算量の多いタスクです。NvidiaやAMDのような強力な専用GPUを搭載することが、有用な生成速度のために強く推奨されます。

コンシューマー向けNvidiaカードは、最高のパフォーマンスと互換性を提供する傾向があります。より多くのVRAMを搭載したNvidia RTXモデルは、より大きな画像サイズを可能にします。

GPUがない場合、CPUでの生成には画像1枚あたり5~10分かかることがあります。このため、創造的な流れや実験が大幅に制限されます。

しかし、手始めにCPUのみの生成を試すことはできます。その後、GPUのアップグレードを検討してください。

Stable Diffusion Web UIのダウンロードと使用 – はじめに

ステップ1: PythonとGitのインストール(依存関係)

Web UI自体をインストールする前に、依存関係であるPythonとGitをセットアップする必要があります:

Pythonのインストール

Pythonは、ウェブ開発から機械学習まで、あらゆることに使われる人気のある高水準プログラミング言語です。Web UIはPythonに依存しています。

  • Windowsでは、python.orgから最新のPython 3.xリリースをダウンロードし、インストーラexeを実行します。インストールする前に、”Add Python to PATH “ボックスにチェックを入れてください。
  • macOSでは、python.orgから最新のPython 3.xの.pkgインストーラをダウンロードします。プロンプトに従ってインストールを完了する。プロンプトが表示されたら、PythonをPATHに追加してください。
  • Linuxでは、Python 3がプリインストールされている可能性が高い。しかし、Ubuntu/Debianでは、sudo apt update && sudo apt install python3のように、パッケージマネージャを使って手動でアップデートをインストールすることができます:

Gitのインストール

Gitはソフトウェア開発に欠かせないバージョン管理システムです。Web UIのコードをダウンロードするのに使います。

  • Windowsでは、git-scm.comから最新のGitインストーラーexeをダウンロードします。実行し、デフォルトのオプションをすべて受け入れます。
  • macOSの場合は、git-scm.comからGit .dmgインストーラーをダウンロードします。それを開き、プロンプトに従ってデフォルトでインストールします。
  • Linuxの場合は、パッケージ・マネージャーを使ってGitをインストールする。Ubuntu/Debianの場合はsudo apt install gitなど。

ターミナルで git –version を実行することで、Git の準備ができたことを確認できます。

PythonとGitのセットアップが完了したら、次はWeb UI自体のダウンロードとインストールに進みましょう。インストールが完了したら、ターミナルを開いて python –version と入力してバージョンを表示すれば、PythonがPATHに入っていることを確認できる。

ステップ 2: Stable Diffusion Web UIのダウンロードとインストール

GitHubから最新のStable Diffusion Web UIのコードを取得し、ローカルで動作させる手順を説明します:

  • デスクトップに stable-diffusion-webui のようなウェブUI用の空のフォルダを作成します。
  • フォルダ内を右クリックし、”Git Bash Here”(Windows)を選択するか、その場所でターミナルを開きます(Mac/Linux)。
  • GitHub リポジトリをクローンします。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui.git

  • 新しく作成された stable-diffusion-webui ディレクトリに移動します:

cd stable-diffusion-webui

Launch the Web UI:

webui-user.bat (Windows) 

./webui.sh (Mac/Linux)

ポート7860でローカルのウェブサーバーを開きます。

モデルファイルをダウンロードし、依存関係を設定するため、初回は1時間以上かかることがあります。気長に待ちましょう。

準備ができたら、デフォルトのウェブブラウザが自動的に http://localhost:7860 に開き、ウェブUIが表示されます!

ステップ3:最初の画像を生成する

Web UIを起動した状態で、最初のAI画像を作成してみましょう:

  • txt2imgタブをクリックします。txt2imgタブをクリックします。
  • テキストボックスに、作成したい画像を簡単に入力します。公園にいる犬」とか「花瓶の中の花」とか。
  • Generate “ボタンを押してください。Web UIが数秒間考え、あなたのテキストに一致するユニークな画像を作成します!
  • デフォルトでは、512×512ピクセルの画像が生成されます。サイズやその他の設定は右側で調整できます。
  • 画像が生成されたら、画像の下にある保存アイコンをクリックしてパソコンにダウンロードしてください。

結論

Stable Diffusion Web UIを適切にセットアップすれば、信じられないほどパワフルなAIアーティストがあなたの指先に。ブラウザベースのシンプルなインターフェースは、テキストプロンプトを書くのと同じくらい簡単にクリエイティブなビジョンを実現します。

あなたのイマジネーションを膨らませて、どんな魅力的なイメージを生み出せるか見てみましょう。練習を重ねれば、Stable Diffusionを誘導して見事なビジュアルを作り出す技術をすぐにマスターできるでしょう。可能性はあなたの創造力によってのみ制限されます。さあ、今すぐこのAIを試して、デジタルアートと画像合成のまったく新しい境地を開拓しましょう。