negative image prompts with stable

コピー&ペーストを使った安定した拡散で、ネガティブイメージのプロンプトを使用する方法

Stable DiffusionのようなAIツールを使って画像を生成することは、エキサイティングでありながらチャレンジングなプロセスです。肯定的なプロンプトは、AIに何を含めるかを指示しますが、否定的な画像プロンプトは、不要な出力を制御するために同様に重要です。適切なネガティブプロンプトを使用することで、欠陥を除去し、コンテンツの種類を制限し、画質を向上させることができます。

この包括的なガイドでは、ネガティブプロンプトとは何か、なぜネガティブプロンプトが重要なのか、そしてコピーペーストするだけであらかじめ用意されたプロンプトテンプレートを効果的に活用する方法を学びます。また、完璧なAI画像を作成するためのプロンプト・エンジニアリングのベストプラクティスについても解説します。

ネガティブプロンプトの理解から、プロンプトテンプレートのキュレーション、AI画像の欠陥や品質問題を阻止するためのエンジニアリング方法まで、この記事ではコピー&ペーストのプロンプトコードを使ってネガティブプロンプトを簡単に組み込むことができます。

AI画像生成におけるネガティブプロンプトとは何か?

まず、ネガティブプロンプトとは何かを明確に定義しよう:

ネガ・イメージ・プロンプトは、生成された画像に何を含めないかをAIモデルに指示するものです。必要な要素を指定する通常の「ポジティブ」プロンプトとは逆の働きをします。

基本的に、ネガティブプロンプトは、AI画像生成ツールに提供できるカスタム命令で、コンピュータが生成した画像に表示されないようにしたいビジュアル要素や属性を指定します。

通常の画像プロンプトは、「ゴールデンレトリバーの子犬が赤いボールをくわえている」など、画像に含めるべきクリエイティブなものをAIに伝えますが…

ネガティブなプロンプトは、例えば「他の犬、人間、建物、テキストを表示しない」など、表示されたくないものを伝える。

つまり

  • 定期的なプロンプト: AIにどのようなビジュアルを入れてほしいかガイダンスを与える。
  • 否定的なプロンプト: 含めるべきでないものについての追加ガイダンスを提供します。

通常のプロンプトに加え、注意深く作られたネガティブプロンプトを使用することで、より正確に詳細をマイクロターゲットにすることができます。これにより、理想的なクリエイティブ・ビジョンをより早く実現できる可能性が高まります。

Stable Diffusionのプロンプトにネガティブプロンプトを追加する利点には、次のようなものがあります:

  • 不要な要素、邪魔な要素、場違いな要素を避ける
  • 嫌いなテーマやスタイルからAIを遠ざける。
  • 厚化粧のような不要な顔の属性を減らす
  • ぼかしやJPEGアーチファクトのような技術的な問題を軽減します。
  • 手動で画像を後処理する時間を節約

ネガティブプロンプトの一般的な使い方

  • ぼやけなどの品質問題を阻止する: レンダリングが不十分な画像を生成しないようにAIに指示することで、技術的な欠陥を抑制します。
  • 透かしや署名の除去: ロゴや署名などのオーバーレイをブロックすることで、画像をクリーンアップします。
  • 不適切なコンテンツの制限: 性的または成熟したコンテンツの境界を設定します。
  • 解剖学的欠陥の防止: 歪みや変異のない適切な解剖学的構造を強制します。
  • 特定のスタイルや構図を許可しない: 芸術のジャンル、フレーミング、向きなど、画像の属性を制御します。

一般的なネガティブプロンプトの必須コピペテンプレート

初心者がゼロから効果的なネガティブプロンプトを考えるのは難しいものです。簡単に作成できるよう、コピーペーストして必要に応じてカスタマイズできるネガティブプロンプトのテンプレートをまとめました。これらの基本的なネガティブプロンプトは、一般的な品質や内容の問題を回避するのに役立ちます:

ネガティブプロンプトの品質管理

ネガティブプロンプトの大きな利点の1つは、生成された画像の品質管理を維持することです。誰も低解像度、グリッチ、または美的に不快な出力を望んでいません!

ここでは、一般的な品質管理のネガティブプロンプトと、それが何をするのかを紹介する:

  • 低画質:低解像度、高圧縮、またはピクセル化された画像結果を避けるのに役立ちます。
  • 最悪の品質: 最悪の画質、乱れた画像出力を防ぎます。
  • ピンぼけ ピンぼけやピンボケの可能性を減らします。
  • 醜い: 見苦しい、魅力のない、または望ましくない画像美学を避けるのに役立ちます。
  • エラー: レンダリングエラー、形の崩れ、アーチファクトの可能性を低減します。
  • JPEGアーチファクト: バンディングのようなJPEG特有の圧縮の問題を軽減します。
  • ぼやける: ぼやけた、不鮮明な、または鮮明でない画像出力を得る確率を減少させます。

Stable Diffusionで画像を生成する際は、関連する品質管理プロンプトをいくつか選び、ネガティブプロンプト入力に貼り付けることをお勧めします。これは本当にクオリティを高めるのに役立ちます!

解剖学的コントロールのネガティブプロンプト

Stable Diffusionは、複雑な有機解剖学的構造を正確にレンダリングするのに苦労することがあります。手や四肢が欠けてしまったり、変異してしまったり、奇妙な歪みが生じてしまったりします。

このような問題は、アナトミーコントロールのネガティブプロンプトを使って解決しましょう:

  • 悪い解剖学: 奇妙な、あるいは明らかに正しくない身体構造を防ぐ。
  • 手足の欠損: 手足や付属器が欠損しているケースを減らす。
  • 突然変異の手: 奇形の指が多いなどの突然変異を防ぐ。
  • 余分な手足 余分な腕、足、付属器の生成を止めます。
  • 悪い手: 位置が悪かったり、つぶれていたり、非現実的な手を減らします。

画像に写っているような、醜い体の部位があったら?上記の該当するネガティブプロンプトを貼り付けて、それらの解剖学的問題を修正してください!

テキストクリーンアップネガティブプロンプト

Stable Diffusionは、テキストバナー、署名、透かし、ユーザー名などを誤って生成することがあります。これを防ぐには

  • テキスト: 画像に直接レンダリングされたテキストや文字を広く省略する。
  • 透かし: 特に透かしを防ぎます。
  • 署名: 不要な署名が表示されないようにします。

ユーザー名:画像に埋め込まれたユーザー名を消去します。

不要なテキスト要素をネガティブプロンプトとして貼り付けるだけです。これにより、レンダリング画像からそれらを除外するよう、AIに強いシグナルを与えます。

フェイシャル・コントロール・ネガティブ・プロンプト

メイクスタイルや表情など、特定の顔の特徴を意図的に避けたり、減らしたりするのが好きな場合。このようなプロンプトを使うだけで、微妙な顔の質をコントロールすることができます:

  • メイクアップ 不要なメイクの色合い、スタイル、濃さを防ぎます。
  • 口を開ける: 口が大きく開くのを防ぎます。
  • 笑顔 笑顔の強さを弱め、よりニュートラルな表情にします。

不要な顔属性をネガティブプロンプトとして貼り付ける。これにより、AIは確実にそれらから遠ざかります。

Stable Diffusion UIでネガティブプロンプトを使用する方法

ほとんどのStable Diffusionアプリやサービスには、ネガティブプロンプト用語の入力フィールドが用意されています。しかし、その場所はインターフェースによって異なります。

ここでは、最も人気のあるSDツールのいくつかで、ネガティブプロンプトのボックスがどこにあるかを紹介します:

DreamStudio: “ネガティブプロンプト “と明記された専用テキストフィールドを含む

Automatic1111 WebUI: 設定 > テキストの反転ページに移動します。ここのテキストボックスはネガティブプロンプト用です。

コマンドライン: sd.pyコマンドの後に–negative_promptフラグを使用し、その後にコンマで区切られた用語のリストを続けます。

その他のSD GUI: Negative Prompt”、”Suppress”、”Avoid Generating “のような明確なラベルのテキストボックスを探してください。

どのインターフェイスを使っても、プロセスは簡単だ:

  1. プライマリプロンプトフィールドに通常のプロンプトを入力します。
  2. セカンダリ入力フィールドに追加のネガティブプロンプト用語を入力する。
  3. 両方のプロンプトを有効にして通常通り画像を生成します。
  4. これでネガティブプロンプトは自動的に不要なビジュアルをフィルタリングします!

次に、便利なコピー・ペースト・テンプレートを見てみよう。

独自のネガティブプロンプトのテンプレートを作成する

ネガティヴ・プロンプトを作成するには、以下の手順に従ってください。以下の手順に従って、カスタムテンプレートを作成してください:

1. 初期テストの実行

肯定的なプロンプトのみから画像を生成する。どのような欠陥が頻繁に現れるか?参考のためにリストを作成する。

2. ネガティブなプロンプトを作成する

望ましくない結果ごとに、明確な説明語を用いて否定的なプロンプトを作成する。わからない場合はネットで例をチェックする。

3. 実験を通して改良する

ネガティブプロンプトをさらに何世代にもわたってテストします。プロンプトが確実に機能するまで、必要に応じて語彙を調整します。

4. プロンプトコードの保存

洗練されたネガティブプロンプトをテンプレートとして保存し、今後のプロンプトエンジニアリングセッションで簡単にコピーペーストできるようにします。

プロンプト・エンジニアリングのヒント

Stable Diffusionのプロを目指すなら、ネガイメージプロンプトを使った理想的なプロンプトエンジニアリングのヒントを参考にしてください:

一般的な説明語を使う

可能な限り、わかりにくい芸術や技術の語彙よりも、単純な動詞や形容詞に頼る。そうすることで理解が深まります。

AIを圧倒しない

否定的なプロンプトが多すぎると、AIが過度に制限され、失敗や無関係な出力につながります。必要なプロンプトのみを使用する。

ドキュメントの確認

AIモデルの中には、特定のプロンプトの形式や語彙を規定しているものがあります。最良の結果を得るために、ドキュメントを参照してください。

結論

Stable DiffusionのようなジェネレーティブAIツールで作業する際、通常のプロンプトと一緒にネガティブ画像のプロンプトを指定することで、まったく新しいレベルのコントロールが可能になります。

このガイドで提供されているコピーペーストのテンプレートを活用して、質の悪い画像や不要なテーマ/スタイル/顔の属性を簡単にフィルタリングしましょう。また、ニッチな分野に合わせて用語をカスタマイズすることで、プロンプトをさらに活用することもできる。

いずれにせよ、ネガティブプロンプトは、Stable Diffusionの画像をあなたの意図するビジョンに素早く近づけるのに役立ちます。次のAIアート生成プロジェクトで試してみてください!

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です